赤い下着の女性

ピロー・トークで勝負あり

カップル

男女がことを致した後に、お互いグッタリしながら、男の腕枕などで交わす会話を、ピロー・トーク(ピローは英語で枕の意味)と言うそうです。風俗店でのプレイで盛り上がった後のピロー・トークの時間を、自分はとても大事にしています。
多くの男性諸氏には理解いただけると思いますが、この時間は、男のスケベ心が(うそのように笑)スカッと抜けた状態であり、また非常にリラックスした精神状態にあるので、男女の会話(といっても他愛もない四方山話のことがほとんどですが)がとても心地よく感じることが多いのです。自分にとっては、プレイの快楽とはまた別種の、(さしずめ運動の後のクールダウンのような)心地よい時間といえましょう。
また指名したくなると思ってしまう売れっ子の嬢には、容姿のレベルやプレイのテクニックだけでなく、このピロー・トークタイムの雰囲気作りがまた、大変上手な女性が多いように思います。極端な例では、容姿もプレイの相性もいまいちだったにもかかわらず、このピロー・トークタイムの可愛さに、惚れてしまいそうな気持ちになってしまったこともあります。たかが風俗プレイ、されど男女の交わり、なかなか奥が深いものだなと思います。